190_70

洗剤の特徴を知って大切な衣類をキレイに長持ちさせましょう

毎日の家事の中でのお洗濯。

今年も、住まいも衣類もキレイを保ちたいですね。

 

洗濯に欠かせないのは洗剤。

みなさんは、洗剤の特徴をご存知でしょうか?

 

洗濯用洗剤には、大きく分けて一般洗濯用洗剤とおしゃれ着用洗剤があります。

一般洗濯用洗剤は洗浄力に優れており、粉末タイプと液体タイプがあります。

6810874B-

 

さらに蛍光剤配合と蛍光剤無配合のタイプに分かれます。

蛍光剤(蛍光増白剤)は、白いものをより白く見せる効果があるため、

適量を守って使えば、白いシャツやタオルを真っ白く仕上げることができます。

生成りやパステルカラーの淡色系の衣類に使ってしまうと、色あせてきてしまうことがあるため、

それらを洗う場合には、蛍光剤の入っていない洗剤を選んでください。

IMG_5898

注意書きのところをしっかり確認しましょうね。

 

またデリケートな衣類が洗えるのが、おしゃれ着用洗剤。

ADB1DA02-

おしゃれ着専用洗剤のメリットは、衣類に与えるダメージが少ないことにあります。

繰り返し洗濯しても、色あせやチヂミなどが起こりにくいので、

洗うたびにふっくら柔らかに仕上げてくれます。

一般洗濯用洗剤と比べると、洗浄力が穏やかなものもありますが、

衣類を守るように工夫されており、色落ちの心配も少ないです。

 

洗剤にプラスして使うものとしてあげられるのが漂白剤と柔軟剤ですね。

0346F1F1- 

漂白剤は2種類あります。

酸素系漂白剤は白物色柄物に使えます。

シミや汚れに直接つけたり、洗剤と一緒に洗濯機に入れて使います。

 

塩素系漂白剤は漂白力が強く、取れにくいシミや黄ばみにも効果を発揮します。

しかし、汚れを落とす際に染料を分解するため、

色柄ものや、一部の素材には使えないことがあります。

 

どちらも汚れやシミを落とし、また防臭効果もあります。

衣類の素材を見極めて正しく使うと、汚れやシミが取れる上に除菌効果もあります。

 

686D85B6-

柔軟剤は、洗濯を繰り返すことで硬くゴワゴワになる衣類を

柔らかく仕上げるものです。

静電気を防いでくれる効果もあるので、花粉がつきにくくなります。

これからの花粉の季節にはうれしいですね。

 

「ニオイや汚れをしっかり落としたい」と

ついつい多く洗剤を投入してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、水の量に対して洗剤が溶ける量は決まっています。

溶ける量よりも多く洗剤を入れてしまうとすすぎきれず、

洗剤が衣類に残り、かゆみなどトラブルの元になることもあります。

また、洗濯機の汚れの原因にもつながります。

 

使用する洗剤の量は必ず守り、大切なお洋服をキレイにしましょう。

 

 

★上田伸美さんへの質問はコチラ★

 

 

 

 

かたづけ・お掃除マスター

上田伸美

モットーは「楽しくラクに」かたづけ・おそうじ。
もっとラクに、もっと気楽に『かたづけ・そうじ』を楽しんでもらおうと、個人・企業向けサービスを展開。主婦の経験を存分に活かしながら、“みなさまのお家のスッキリニコニコ応援隊”として、現場に・講座に・そして家事に日々走り回るパワフルママ。モノに振り回されない生活の提案など各種セミナーも好評。
かたづけピタッと!ジェニモ(株)代表取締役、(社)ライフクリエイティブ協会代表理事。

【うえだのぶみのラク家事生活】 http://ameblo.jp/koakuma1218/

記事一覧へ