190_70

「転籍」すれば離婚歴が消える?

.

先月に引き続き、あの「後妻業」事件関連のお話をしますね。

.

「自身の婚姻歴を隠すために『転籍』を行っていた」
「戸籍は『転籍』してキレイにできるんだって。」

4度も結婚をしたC容疑者について、
ブログなどネット上ではこんなふうに書かれています。

 

さて、果たして本当なのでしょうか。
「転籍をすると離婚歴が消える」というのは・・・

.

答えさせていただきますと、
「消えません。しかし他人からは見ることが出来なくなります」です。

 

転籍と言うのは、本籍地の変更です。

いま登録されている本籍地を、他の市区町村へ移動させると
(本籍地は居住の実態を問わず自由に行なえます)
新しい戸籍簿には過去の結婚の記録が載らないのです。

『戸籍がキレイになる』とはこのことを指しているのでしょう。

 

ただし転籍が行なわれた旨は、新しい戸籍簿に記載されてしまいますので、
「何かあったのかな?」と思われる可能性までは否定できません。

.

 

.

【完全に見えなくなるわけではない】

 

また、除籍謄本(=ある戸籍から離脱した履歴の書類)を見られてしまえば、
過去の全てを知られることになります。

 

しかし、他人の戸籍および除籍謄本を、
本人からの委任なしで勝手に見ることはできないのです。

委任なしで取得ができるのは、
わたしたち行政書士司法書士弁護士などです。

 

だからこの事件の場合でも、
男性がC容疑者と結婚して同じ籍に入るまでは、
本当のところを知ることが出来なかったのです。

.

まあ、入籍前に男性がC容疑者に少々不審を感じていたとしても、
晴れて結婚し、シアワセのまっただ中に、
わざわざ新妻の過去を掘り返す気など、起きなかったでしょうね。

 

高齢独身男性は、淋しがりやさんですから…。

.

 

.

 

 

行政書士 

林麗子

前職は広告デザイナー。27歳で結婚、29歳で離婚を経験。翌年再婚するも様々な問題に連続して巻き込まれ、法的知識の重要性を痛感する。 仕事と2人の育児の傍ら、行政書士試験に独学挑戦し2度めの受験で合格。平成24年夏に登録。 専門業務は離婚関係と契約書作成、相続(遺言書)。愛知県行政書士会所属。入国管理局申請取次者。

【行政書士・麗子の愛車はスイフトスポーツ。】
http://ameblo.jp/bell-ray/

記事一覧へ