190_70

開店開業の手続・申請 ~行政書士の業務紹介〜

はじめまして!愛知県一宮市のママ行政書士・林麗子です。

.

「行政書士って何してくれる人なの?」
そうお思いのかたが、ほとんどですよね。

.

いままで接点がなかっただけで、
実は、意外にみなさまのお役に立つ存在かもしれません(^◡^) 

.

わたくしが手がける業務を中心にして
少しずつお話していこうと思っています。

.

趣味を仕事にしてみたい♪ 自分のお店やサロンを持ちたい☆
「マンマ・マーマ」の読者さんには、このような夢をお持ちの方も多いと思います。
なので先ずはコレいきましょう。 開店・起業と資格の関係についてです。

.

【資格=開店許可?】

.

医師、理美容師、調理師、弁護士…国家資格といえば
真っ先に思い浮かぶのがコレらですね。
ですが、「資格取得=開店(開設)許可ではない」ことをご存知でしたか?

.

日常的に「免許」と呼ばれるこれらの資格ですが、
「持っていればゴーサイン☆」の自動車運転免許とは違うのです。

.

たとえば「飲食店」「診療所」「理美容室」などの開設には
官公署から許認可を受けることが必須となります。

.

こうしたお店は、主に施設の消防安全、保健管理など、
ひとの安全な暮らしに大きく関わってきます。
社会的な範囲での影響を考えねばならないのですね。

.

.

もし、洗い場が確保されない飲食店や
うす暗く迷路のような診療所
不衛生な美容室に知らずに入ったとしたら
・・・恐ろしいですよね?

.

そのために行政が一定のラインを設け、許認可を出すのです。

.

またご近所さんの健全で穏やかな生活保持のために
「営業許可」が必要な業種があります。
深夜営業をするお店、お客を接待したり、遊興をさせるお店です。
(これらを風俗営業店といいます)

.

こうして、お店の開業、開店は法律でしっかりと規定されており
黙って違反した営業をすると、罰金または懲役、営業停止に処せられます。
色々と手続きが多くて面倒に見えますが
 「公の安全」という理由のため、いろいろ規定があるのですね。 

.

このような開業・開店にまつわる煩雑な手続や申請を、
行政書士は代わって行なうことができます。

.

相談者さんとお役所との間に入り、折衝や相談などを重ね、
手続がよりスムーズに運ぶよう働きます (^_^)

.

行政書士 

林麗子

前職は広告デザイナー。27歳で結婚、29歳で離婚を経験。翌年再婚するも様々な問題に連続して巻き込まれ、法的知識の重要性を痛感する。 仕事と2人の育児の傍ら、行政書士試験に独学挑戦し2度めの受験で合格。平成24年夏に登録。 専門業務は離婚関係と契約書作成、相続(遺言書)。愛知県行政書士会所属。入国管理局申請取次者。

【行政書士・麗子の愛車はスイフトスポーツ。】
http://ameblo.jp/bell-ray/

記事一覧へ