190_70

アロマ&チャイルドケア【petit pas】
神﨑ちさのさん

今回は、マンマ・コラム『親子でハッピークラフト』も好評連載中の
神﨑ちさのさんにインタビュー。
アロマコーディネーター・チャイルドケアコーディネーターとしての知識を活かしながら、子育てサロンや親子イベントなどを多く展開しているちさのさん。彼女のハッピーオーラに惹かれて、子育てママ達の笑顔の輪もどんどん広がっているようです。
活動への想い、そして、一男二女の3児のママとして心がけていることなどを聞いてみました!

■何をきっかけに今の活動を始められたのですか??

 私は関東出身で、10年前に夫の転勤で地縁のない名古屋に来ました。そして長男を出産。知り合いのいない中で、区の保健所で開催された子育てサロンに参加したんです。そこで「子育て中は誰かと喋るだけでも気が安まる」ことを実感したんですね。
 その後、勤めていた理美容業界に職場復帰しましたが、やはり子育てしながらの常勤は難しく・・・第二子を妊娠した時は、育休を取らずに退職することを選びました。
 その際に思ったのが、「今度は子どもとの時間を増やしながら、自分の好きなこと・得意なことを活かした楽しいことをしよう!」という想い。それが、自分が救われた『子育てサロン』だったんです。長女が1歳になった時に【petit pas】(プティパ)を始めました。

■たくさんのママ達と触れ合う中で、どんな想いを抱いていますか?

 プティパは仏語で「小さな足あと」「はじめの一歩」の意味ですが、母親もそうして進んでいくのだと実感しています。子育てが始まると、いろいろな制約も増えて大変なことはいっぱい!でも、子どもがいるからこそ楽しめることもいっぱいあります。

 定期的に開催している区役所での子育てサロンも、ごく少人数でアットホームに行っているおうちサロンも、親子撮影会などの各イベントも、モットーにしているのは『子育てをもっと楽しく♪ママをもっと美しく!』。そのためにはママが「好きなことをする」のが大事ではないでしょうか。
 ところが、ママになると子ども第一を自分に義務付けてしまうと言うか「自分の好きなことを楽しむ」ことへの“うしろめたさ”を感じちゃったりしますよね?!でも、子連れで楽しむならそんなネガティブな気持ちではなく、親子一緒にハッピーな気持ちになれるのではないでしょうか。なので、親子一緒に楽しめる場を提供したいんです。
 サロンでは親子の笑顔がいっぱいあふれています。参加してくれたママ達から、「ホントに楽しい!」「ちさのさんや他のママさん達とのおしゃべりがいつも楽しみ♪」などと言ってもらえると私も嬉しくなります!ママが少し外に目を向ける“一歩”を踏み出した姿を見られた時はとても幸せです。

■小学4年生の長男・年長さんの長女・2歳の次女・・・と3児のママさんですが、
 ご自身はどんな子育てを心掛けていますか?

 一人目の子育て期は、仕事も家庭もキッチリこなす完璧ママを目指したせいで、そのギャップに落ち込むばかり(笑)。でも、二人目の子育てからは、慣れもあると思いますがマイナスの感情を引きずっても良い影響はないことが分かって。完璧を放棄したらラクになりました。夫も三人目が生まれた頃から随分変わって、これまで相当ぶつかってきた甲斐もあったな~と(笑)。家族がカタチになってきた今は、任せられるところは家族に頼りながら自分が得意なことを優先してやるようにしています。

 3人の子ども達は、『プチ反抗期』 『こだわり満載期』 『イヤイヤ期』 なので、毎日怒れることもいっぱい!そうなった時は「母として子どもに成長させてもらっている!」と思うことに。「コノヤロウ!ありがとう!」みたいな(笑)。困難や失敗のない子育てはツマラナイとも思って、ポジティブに怒るようには心掛けています。
 家族みんなで公園で遊ぶ時間なども大切にしていますが、4歳差の男女3人なので、できること・やりたいことに差もあります。一番上の長男も、真ん中の長女もそれぞれで我慢していることも多いと思うので、定期的に時間を作って、各々と“ふたりきりのデート”をするようにしています。自分だけがたっぷり甘えられる時間って大切だと思うので。

■お子さん達はちさのさんの活動について何か言っていますか??

 おうちサロンでは子守りをしてくれたり、イベントに同行して積極的に手伝ってくれています。「ママ、今日はどんなお仕事なの?何をするの?」って興味を持って協力してくれるのは嬉しいですね!
 夫にも自分の想いや外からは見えにくい部分もしっかり話すようにして理解してもらっていますが、今こうして子育てと仕事のバランスが取れているのも、自分の『好きなこと』を仕事にできているのも家族のおかげ。本当に感謝しています。

■ちさのさんのように、ご自宅を拠点にして
「ママ起業」を
目指すママさんもいらっしゃると思います。メッセージはありますか?

 まずは、自分の『好き』『一番大切にしたいこと』を基軸に、得意なことを活かしていくことだと思います。何のためにそれをするのか?したいのか?といった『ぶれない想い』を持つことも。そうすれば、いろいろな事も乗り越えられると実感しています。
 家族に「おかえりなさい」をしたい、というのも私がこの仕事スタイルを選んだ理由の一つですが、自由がきく半面、公私の境が曖昧にもなりがちです。例えば私の場合、特別な時を除いては土日は家族時間と決めていますが、そんな自分ルールを設けることも必要だとは思います。
 このような働き方は、家族をはじめ周囲の方達、仕事で関わる方達の理解や協力が不可欠です。皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、まずは『ママである自分自身』を見つめることからスタートされてはいかがでしょうか?

◆神﨑ちさの◆
日本アロマコーディネーター協会認定アロマコーディネーター、チャイルドケアコーディネーター。
シャ ンプー・ヘッドスパの講師として大手理美容メーカーに勤務後、第2子の出産を機にアロマとチャイルドケアの資格を取得。
2012年4月に『子育てをもっと楽しく♪ママをもっと美しく!』がコンセプトの子育てサロン【petit pas(プティパ)】を開設。「アロマやハーブでのケア」「ワクワクな心を育むクラフト」などを取り入れたオリジナル企画やイベントが人気。おうちサロンでは、ママがリフレッシュできるアロマクラフト講座などを開講。一男二女のママ。

HP: http://ameblo.jp/petit-pas-kosodate/

編集後記
「3人の子ども達は、私の人生を豊かにしてくれる『サプライズギフト』。
かけがえのないギフトと、笑顔あふれる毎日を過ごしたいと思っています」そう話すちさのさん。
 
私も何度かご一緒しましたが、太陽のように明るい笑顔がとってもキュートなママさんで、
「楽しむ」ことが素晴らしく上手な女性だと感じています。
だからこそ、彼女の周りには自然に人が集まって魅せられてHAPPYが広がっていくんでしょうね♪
 
それにしても、怒れても「コノヤロウ!ありがとう!」・・・これには笑ったなぁ~というか尊敬!!
↑だってワタシだったら「コノヤロウ!バカヤロウ!」で怒ったままだもん。間違いなく(苦笑)
ちさのさんの“ポジティブ子育て”、ぜひ見習いたいと思います。
 
「名古屋に来て10年、大変なことも多かったけれど、その中で3人を育てることができ、
周りの支えがあって今の自分があるので、ここで育ててもらった恩返しがしたい」とも。
 
子育てサロンや交流会などに参加してくれたママさん達が、
自分の得意分野を活かして、ちさのさん企画のイベントに出展者として参画してくれるケースも少なくないそうです。
そのように、ママ達の活動やお仕事に繋がるような場の提供ができるようにもなりたい、とも語ってくれました。
ママ達が得意なこと・好きなこと・自信のあることを持ち寄って活動する『ママのためのスペース』を作ることも
今後の夢の一つだそうですよ! ちさのさんなら、近い将来に叶えられる予感もしますね^^
 
好評連載中のマンマ・コラム親子でハッピークラフト
子どもと一緒に作れば、楽しくてHAPPYになれちゃうハズ♪ ぜひ覗いてみて下さいね!
 
<取材・文/編集長 野村綾乃>
記事一覧へ