190_70

アロマスタイリスト・kumikoさん

『香り』の記憶って、心に深く残るものですよね。

自分を表現するものであったり、住まいを心地よく演出するものであったり、TPOで使い分けるマナーであったり…
そんな『香り』と上手に付き合っていけたら楽しいと思いませんか?

そこで今回は、マンマ・コラム【ふんわりナチュラルライフ】でもお馴染みのアロマスタイリストkumikoさんの登場です!
香りの取り入れ方やアロマの作用など、お話を伺
いました。

■kumikoさんがアロマに携わることになったキッカケは??

子どもの頃から花が好きで、香水を集めるなど香りにも興味がありました。
15年ぐらい前でしょうか、祖母が入院して寝たきりになり、足がむくんでとても可哀相だったんです。ちょうどその頃にアロマを知り、「これなら私にも出来そう!」と自己流でアロママッサージをしてあげたところ、祖母がすごく気持ちよさそうにしてくれて…役に立てたのが嬉しかったのと同時にアロマの効果を実感したんです。
その後、アロマインストラクターやフレグランスコーディネーターの資格を取り、アロマスタイリストとして活動することになりました。

■kumikoさんが思う、アロマの魅力とは??

精神的に働きかける、潜在的な影響力があるトコロですね。
例えば、インフルエンザや花粉症が気になるこの時季ならば「ティートゥリー」や「ユーカリ」を使ってみては?お子さんにはユーカリの中でも比較的刺激の少ない「ユーカリラディアータ」がオススメです。そのエッセンシャルオイルをマスクの外側にちょっと付けて着用したり、ディフューザーで空気清浄したり、塩に溶かして入浴剤にしても。
心地よい香りで気分を良くするだけでなく、心身にも嬉しい影響をもたらしてくれること、それを気軽に楽しめることが魅力だと思います。

■香りに関するアドバイスはありますか??

嗅覚はすぐに「慣れる」ので、香りの付けすぎにはマナー面でも注意が必要です。
例えば、香水を手首や首筋に付ける方もいらっしゃいますが、強い香りが苦手な方は膝の裏など下半身に付けることをオススメします。香りを上に噴霧してその中をくぐるのもほんのり香って良いかと思います。香りは付けた後、トップ・ミドル・ラストと変化します。大切にしたいのは付けた直後の「トップノート」ではなく、その後長く続く「ミドルノート」。なので、人と会う時間の30分前ぐらいに付けるとイイですよ!

また、好みのアロマを知りたい時は「右の鼻」で嗅いでみて。
右脳にダイレクトに繋がっているので好みが分かりやすいんです。
そして、開封したエッセンシャルオイルは半年~1年の間に使い切って。
古くなったら直接肌につけるのは避けて、希釈して入浴剤にしたり、消臭スプレーにするなどしてください。エッセンシャルオイルは自然のモノと言っても、中には刺激の強いモノもあります。飲用や原液使い、それから血圧が高い方は使用を控えてくださいね。

■お子さんにオススメのアロマはありますか??

例えば、「スイートオレンジ」ならば情緒安定の作用があるといわれます。「ペパーミント」ならばヤル気UPや集中力を高めてくれますし、空気清浄の作用もあるので子供部屋に香らせてみては如何でしょうか。
五感のうち、私達は視覚に頼る傾向があります。
小さいうちから嗅覚を刺激する意味でも、植物に興味を持ってもらう意味でも、ぜひ『家庭のコミュニケーションツールの一つ』として親子でアロマを楽しんで欲しいですね!

■最後に、kumikoさんご自身の子育てモットーは??

「自分の人生、自分で道を切り開いて!」ですね。
人のせいにせず、自らの力で逞しく人生を歩んで欲しいと願っています。
子どもが小さい頃は「早く大きくなって何でも一人でできるようになるといいな~」と思って過ごしていましたが、高校に入る頃には待ち望んでいたハズの“子の成長”が寂しくもなっちゃって(笑)巣立ち症候群ですね(笑) 必死にしてきた子育ては私の心の支えになっていて、それが幸せだったんだと今になって痛感します。
お子さんが小さいうちは、本当に毎日大変だと思いますが、子どもはあっという間に成長して、特に中学生以降は成長の加速度UP!ですから、今しかない、貴重なお子さんとの時間を大切に過ごして頂きたいと思います。

◆アロマスタイリスト kumiko◆
気象キャスター、モデル、クッキングスタジオ講師などを経てアロマの世界へ。アロマブランドでの講師をはじめ、大手デベロッパーやインテリア企業のオリジナルアロマ製作、海外ファッションブランド主催のイベントや各種セミナーでアロマの魅力を提案。オリジナルアロマブレンドの『switch』シリーズや『国際芸術祭・あいちトリエンナーレ2010』の公式アロマブレンドを担当するなど、“価値ある香り”を総合的にプロデュースしている。一男一女のママ。

アロマスタイリストkumikoの『ふんわりナチュラルライフ』 ↓↓

HP: http://mamma-mama.com/aloma/

編集後記

いつもラベンダーのエッセンシャルオイルをポーチに入れているというkumikoさん。
靴擦れや虫刺されの時に直接塗ってお薬代わりにしたり、緊張した時にティッシュに含ませて香りを嗅いだり、
宿泊先のお部屋の匂いを浄化するために香らせたり…“万能の香り”としてお守り代わりに持ち歩いているそうです。

「シダーウッド」や「サイプレス」を垂らした新聞紙を丸めたものをブーツに入れて消臭に役立てたり、
ホホバオイルに「ゼラニウム」「フランキンセンス」を混ぜたものをボディオイルにして乾燥肌対策にしていたり…
質問すると、すぐにオイル名や効果、使い方を教えてくれる姿に感心しきり!
やわらかな表情・口調の中にもアロマ・香りに対する熱い想いを感じました。

長年の友人でもありますが、私自身、彼女にブレンドしてもらったアロマを愛用中で、やさしい香りが気に入っています。
好みの香りや期待したい作用に合わせてセンスよく仕上げてくれるので、気になる方は彼女のブログを要チェックです!
そして、【ふんわりナチュラルライフ】コラムを参考に、暮らしにアロマを取り入れてみてはいかがでしょうか??

<取材・文/編集長 野村綾乃>

記事一覧へ