190_70

新たな始まりに

.

4月  新たにご入園、ご入学のご家庭も沢山あることでしょう!
心より おめでとうございます。

.

ピカピカの一年生はいかがですか?

小さな背中が 『行ってきます!』
と出て行くのを見送るのは、どんなお気持ちですか?

これから始まる集団の生活に、
楽しみも不安も盛りだくさんかと思いますが、
まさにそうです!本番はこれから!!

.

家に帰ってきて、今日の報告を
是非、楽しみに耳を傾けてあげてください。

できるだけ聞き手に回って、
「あぁすればいい」
「こうすればいい」
という言葉を上手に飲み込んで、
最後まで話を聞いてあげてください。

小さな心は、そうでなくても
めまぐるしい毎日の中で、必死に頑張っています。

.

聞いてもらってスッキリするのは、大人も子供も同じ。

大人はもちろん子供より、人生経験は豊富ですから、
つい、話を最後まで聞かないで、指示を出してしまいがちです。

それでは、何かスッキリできないのです。

子供がどう思ったか?まで聞いてあげてから
ママなら…パパなら…と繋げるくらい、ゆったりと聞いてあげれたら理想ですが
親にとっても忙しい毎日ですから、
週に一度でも、ご飯の時・お風呂の時・寝るとき
なんかでも良いのかなと思います。

.

スッキリした気持ちで、次の日も学校に向かえるように
目と、気持ちを離さないようにしてあげてください。

その毎日が、子供達の大きな盾となります。

.

我が家の息子たちも、
高2、年長組と次なるステップへ向けての
大事な一年に差し掛かりました。

思い返せば、長男の今までもあっという間です。

次男で、もう一度体験できる子育てだからこそ、
少し気持ちに余裕もありますが、
長男の時は親も、子も初めて尽くしの毎日に、
より一層、あっという間だったなぁ…との気持ちも募ります。

.

仕事を続けながらの毎日で、何より力となり支えてくれたのが
ママ友達でした。
今もなお続く、大切な友人達です。

.

入学と同時に出会うのもママ仲間。

人付き合いには得手、不得手もありますが、
そこに子供という存在が入ると
得手、不得手で片付けられない事も盛りだくさんです。

.

色んな考え方の人たちが集まるわけですから
意見や、価値観の相違もあります。
頑なにならずに、是非自分を隠しすぎないように
主張することも忘れずに!

同じ歳の子供を持つもの同士、
励ましあえる仲間になれたら、言うことはありません。

.

ランチだなんだとお誘いもあるかと思いますが、
これだって無理をせずに、仕事や家の都合があるなら
正直に伝えて、大切に無理のないお付き合いができると良いですね。

必ず判ってくれる同士がいるはずです。

.

1年  365日、
毎日毎日が新しい日々です。
毎日やり直しだってできます。

.

行ってらっしゃい!!
と背中を送り出せる毎日を大切に。

お帰りなさい!と抱きしめてあげられる、
瞬間瞬間を大切に。

私たち親も、前進です。

どんどん大きくなる背中、
大切に見逃さないでくださいね。

.

▲ 先日、北陸新幹線に乗ってきました!

.

.

 

★大東めぐみさんへのメッセージ・質問はコチラ★

 

.

大東めぐみ

1972年1月名古屋市生まれ。NHK 「すくすくネットワーク」の司会をはじめ、旅番組のレポーター、情報番組やバラエティ番組などTV・CMなどで幅広く活躍。ご主人は元・大阪近鉄バファ ローズの大久保秀昭氏(現在:慶應義塾大学野球部監督)。近年は、子育て支援にも積極的で、育児講座やセミナーなどでは朗らかなママぶりが人気。ま た、環境にやさしいエコライフにも意欲的な他、2010年度から愛知県警「交通安全大使」、2012年度からは「交通安全キャンペーンリーダー」を務める など交通安全啓発活動にも携わるなどマルチに活躍する男児2人のママ。

オフィシャルHP http://www.mahalo-ohhigashi.com/

記事一覧へ