190_70

033

気をつけたい子どもの「ストレス」

新しく保育園や小学校に入った、あるいは進学先の環境に馴染んできた この時期、体調不良や落ち込みを訴えるお子さんも多くあります。 理由として多いのが『ストレス』です。   「小さい子どもは無邪気でストレスなんてないでしょう

詳しく見る

032

『チャイルドシート』正しく使えていますか?

子どもを車に乗せる場合、6歳未満(0~5歳まで)は 『チャイルドシート』の義務づけがあります。   でも、チャイルドシートをさせない保護者、 あるいは、シートサイズや取り付け方が間違っているということも多いようです。 .

詳しく見る

031

子どもに『不審者への対応』を教えていますか?

「不審者に注意してください」という看板やお知らせを見た。 でも、子どもに尋ねたら『不審者』についてよく理解していなかった―― 子どもの防犯ではこういったこともあります。 . 特に小さいお子さんですと、『不審者に注意』だけ

詳しく見る

030

子どもの『運動不足』が増えています

じっとしておらず、外で駆け回る小さな子ども—体育や部活などで汗を流す子ども— “子ども”で浮かぶイメージは、遊んでいるところ、活発な部分が多いようです。   でも、最近問題になっているのが、子ども

詳しく見る

029

子どもと「タバコ」気をつけていますか?

  . 子ども、特に中学生から高校生にかけて、『タバコ』を吸ってしまうことがあります。 . タバコの匂いがする、部屋にライターや灰皿があった、という時は 頭ごなしに怒らずに、まずよく話し合いをしてみましょう。   自分で

詳しく見る

028

子どもの『暖房器具』での事故にご注意を

冬になると増えてくるのが『暖房器具』での事故です。   最も多いのは「火傷」です。 . 「暖房器具を子どもがさわってしまった」 「ファンヒーターに近づきすぎ、化繊の服に引火した」 「寝るときに暖房器具をつけっぱなしにして

詳しく見る

027

子どもへの『決めつけ』していませんか?

子どもと話をしていて、分かりづらい、あるいは遅いとき、先回りして保護者が「子どもはこう思っているのだろう」と言ってしまうことがあります。 . 子どもが何かをしようとしているときに、先回りして「これがやりたいのね」「これは

詳しく見る

026

子どもに『危険ドラッグ』の危険性を教えていますか?

最近は「危険ドラッグ」「脱法ドラッグ」「合法ハーブ」などから 事件になったニュースが多く報道されています。   「危険ドラッグ」は、多くが麻薬、覚醒剤等の構造を変えた薬物であり、 「合法」として売られているものでも、危険

詳しく見る

025

慣れてきた時期こそ気をつけたい『交通安全』

4月の入学シーズンは「交通事故に気をつけて」「交通ルールを守って」と 毎日のように言っていたけれど、今は慣れてきたので安心している―― こういったご家庭が多いかもしれません。   でも、慣れてきた時期こそ気をつけたいのが

詳しく見る

024

子どもが『ダイエット』をしようとしたら

子どもが突然 「痩せたいからダイエットをしたい」 「ダイエットをして細くなりたい」 と言うことがあります。 . お子さんによっては、保護者に何も言わず、 食べる量を極端に減らしたり、ご飯や油物に手をつけなくなることも。

詳しく見る