190_70

ネットでの子どもの情報公開、気をつけていますか?

子どもの写真や行動を、ネットのSNS(Facebookなど)やTwitter、

ブログなどにのせている方も多いようです。

「祖父母や友人などに、子どもの現状を簡単に知らせられる」

「子どもの思い出を記録するために書いている」といったこともあります。

 

でも、子どもの情報公開を軽く考えてしまい、

ストーカーや嫌がらせなどのトラブルに発展することも増えています。

 

情報公開を行った後では、データをコピーされてしまい、

自分がアップしたものを削除しても、ネット上のどこかで残り続けるということも。

「公開してもいい情報か」

「公開方法に問題はないか」

「内容が後でトラブルにならないか」をよく考えて判断なさった方がいいでしょう。

 

ネットでの子どもの情報公開を行いたい場合、下記に特に気をつけましょう。

.

探偵さん 1月

・公開範囲を考える

見せたい・知らせたい相手があり、

子どもの写真をのせて行動などを書くときは

「公開範囲」を指定する人だけにする方がいいでしょう。

SNSであれば「友人まで公開」、

ブログであれば「パスワード制」などの方法もあります。

 

子どもが特定できる形で 不特定多数の公開を行っていたことから、

子どもへのストーカー行為につながった事例もあります。

公開する相手をよく考えて決めましょう。

また、公開範囲を設定したからと安心せず、情報アップはチェックした上で行いましょう。

 

 

・トラブルになる恐れのある写真・動画は避ける

保護者がいいと思った写真や動画でも、子どもの入浴中や水着、

薄着などの写真を、不特定多数に公開するのはやめましょう。

男児女児に関係なく、写真・動画自体が悪用されることもあります。

 

 

・子どもの本人特定を避ける

公開範囲を広くしたい場合、

ある程度の年齢や、仕事に関わっているなどのケースをのぞき、

子どもの本人特定を行えないようにしておく方が安心です。

 

自分の情報を詳しく知っている人に、

子どもは警戒心を下げてしまうことがあるためです。

 

小学生以下の子どもに対し、ネット上で確認した名前を呼んで話しかけ、

保護者の友人や親戚を装って接触したケースもあります。

「フルネームはのせない」

「顔が特定できないように加工する」

「通っている学校や塾の名称をのせない」などの対応を考えましょう。

 

 

・位置情報はつけない

旅行先などであれば別ですが、

通常の写真などでは、位置情報をつけない方が安全です。

子どもがいつもいる場所や、移動経路を特定されないようにしておきましょう。

 

 

・子どもが嫌がる情報はのせない

子どもが嫌がる情報(写真・動画・文章などすべて)は、のせないようにしましょう。

かわいい写真だと思える、賞などをもらったなどで、

保護者がのせたいと思えても、子どもの意志を尊重してください。

 

子どもには、子どもの立場や判断があります。

子どもがある程度の年齢になって

「以前の情報を削除してほしい」と言われたときも、

それに応じるべきでしょう。

 

 

・他の人の情報をのせない

家の子どもと一緒に活動したときでも、

他の人の情報を、自分のSNSやブログに勝手にのせるのはやめましょう。

のせたい場合は、相手(子どもの場合は保護者も)の同意を得るようにします。

 

逆に、自分の子のことが勝手にのせられてしまった場合、

内容に不都合があれば、相手に冷静に削除してほしいことを伝えましょう。

 

なお、知らない人や隠し撮りなどでネットに掲載されてしまったときは、

サイトの運営者へ連絡し、削除してもらうようにします。

サイトの運営者が不明、もしくは連絡がとれない場合は、

サーバーの管理会社に連絡するといった方法もあります。

広がってしまうこともありえますので、早めに対応することをおすすめします。

 

 

・学校や習い事などのホームページのチェック

家では子どもの情報をのせていなくても、

学校や習い事などのホームページなどにのせられていたというケースもあります。

サイトがあるときは、どういった内容かを一度はチェックする方がいいでしょう。

 

こちらも問題がある、もしくはのせたくない内容があるというときには、

連絡の上、冷静に削除のお願いを伝えましょう。

 

保護者だけが気をつけるのではなく、

子ども自身に個人情報の管理を教えることも大切です。

 

ネット環境を使用させる・携帯を与えるときに、

安易に個人情報や写真をのせないように教えておきましょう。

 

詐欺サイトや詐欺メール、なりすましなどに騙されないこと、

誹謗中傷など人を傷つけることを行わないことも話しておく方がいいでしょう。

有害サイトに繋がらないよう、

利用制限を行う「フィルタリングサービス」をあらかじめ行っておくのもおすすめです。

 

「うちの子どもは言わなくてもそれぐらいわかるだろう」と考えていたところ、

いじめや詐欺などのトラブルに巻き込まれたケースもあります。

 

最初によく教えておくと共に、定期的に使い方について話し合うようにしましょう。

 

 

合探偵社ガルエージェンシー名古屋中央 http://www.galu-nagoya.com/

 

★探偵さんへの質問はコチラ★

 

 

記事一覧へ