190_70

今回のまちは

豊田市【その2】

HP: http://www.city.toyota.aichi.jp

▲動物との触れ合いに子どもたちは大興奮!

▲広いプレイハウス内には楽しみがいっぱい

東海エリア市町村の、子育てに関する取り組みを紹介する【うち・まち・こそだち】。
前回は、愛知県内で一番広い面積をもつ豊田市の、子育て支援事業をご紹介しました。
広大なエリアを生かしつつ、きめ細かな配慮を目指す豊田市の子育て支援の様子が印象的でした。

★前回の記事はコチラ★

豊田市といえば、世界的に有名な“クルマの街”。
『トヨタ会館』や『トヨタ鞍ヶ池記念館』『とよたエコフルタウン』など、親子で自動車産業について学べる施設が数多くあります。
また7つの市町村が合併した豊田市には、地域によってそれぞれ特徴や文化などがあり、踊りや花火で大いに盛り上がる「豊田おいでんまつり」、歴史ある建物の中を進む山車や梵天投げなど300年近い歴史を持つ「足助まつり」(今年は10月8日(土)9日(日)の開催)など、各地域で受け継がれる伝統的なお祭りも多く、毎年、市内外から多くの人が訪れます。

そんな豊田市のプレイスポット編を、前後編に分けてお届けしていきます!

 

■一日では回りきれない!家族みんなで楽しめる『鞍ヶ池公園』

 

美しい緑に囲まれた鞍ヶ池公園は、連日多くの人で賑う豊田市の人気スポット。何を隠そう今回の取材班は皆、何度もここに訪れているほど。
公園のシンボル・鞍ヶ池ではボート遊びを楽しむことができ、また公園内には芝生広場や遊歩道、英国庭園、展望台などがあり、四季折々の自然をゆっくり満喫できるよう整備されています。
さらに希少動物ミナミカナダヅルをはじめ、シマウマやカンガルーなどがいる動物園や、その隣の動物ふれあい広場では、ウサギやポニーなどと触れ合うこともできるんですよ。

それだけではありません!鞍ヶ池公園で子どもたちに一番人気なのが『プレイハウス』。
室内のメイン施設には自然をモチーフにした大型遊具や「落ち葉のプール」や「アリの巣迷路」などの多彩なアイテムもあり、どんな年齢の子どももみんな大はしゃぎ!屋外には大きな屋根のあるスペースもあり、天候に左右されずに遊ぶことができるのも嬉しいですね。
しかも・・・これらの施設はボートなど一部有料のものをのぞき、ほぼ無料で楽しめちゃいます!

東海環状自動車道「鞍ヶ池PA(内回り)」からも、そして一般道からも利用できるハイウェイオアシスなので、遠方からわざわざ訪れるという人も多いんですよ。
一日では回りきれないほどの広さと楽しさを兼ね備えた鞍ヶ池公園。何度も訪れたくなるオススメの公園です。

▲ふわりと浮かび上がる香嵐渓

▲桜と紅葉の競演。不思議で美しい光景です

■全国的に有名な“豊田市の秋” ~香嵐渓と小原四季桜~

 

 これからの季節、全国各地からたくさんの人が訪れる豊田市の秋のスポットといえば、香嵐渓と小原の四季桜。

足助地区に位置する『香嵐渓』の紅葉は、巴川沿いを彩る約4,000本ものモミジが赤・黄・橙・緑・・・と見事に色を重ね絶景をつくりだします。11月中は「もみじまつり」も開催され、期間中は日没から21時までライトアップも行われます。昼間の色鮮やかな景色とは違い、ぼんやりと照らし出される紅葉もとても感動的です。
見ごろは例年11月中旬~12月初旬ごろ。ぜひカメラを持ってお出かけくださいね!

そして小原地区の秋のスポットは「小原四季桜」。四季桜は春と秋に花を咲かせる全国的にも大変珍しい桜です。春よりも秋の方が花数が多く、見ごろは例年11月上旬~下旬ごろとなっています。山里を彩る約10,000本ものうす紅色の可憐な桜と、赤や黄色に染まった紅葉のコントラストは、今までに見たことのない美しさ。今年は11月5日~30日まで「小原四季桜まつり」も開催されますので、四季桜と合わせて楽しみたいですね。

ご存知の通りどちらも紅葉シーズンはとても混み合いますが、足助観光協会や小原観光協会のパンフレットには、迂回路マップが掲載されています。HPでも確認できるので、チェックしてからお出かけくださいね。

▲昆虫や鳥が住む森をつくろう体験

▲歌舞伎役者に変身!くまどり体験

■豊田市ならではの体験をして、素晴らしさを知る!

 

今年で3年目を迎える“とよたまちさとミライ塾”。
「案内人」と呼ばれる皆さんが、地域や施設、お店などの魅力を伝えるために多彩なプログラムを企画。その数はなんと100以上!

例えば・・・農薬を使わずに育てた田んぼで、機械を使わず昔ながらの手刈りや天日干しをする稲刈り体験。一眼レフカメラやスマホなどをより使いこなして素敵な写真がとれるようになる教室。豊田市駅の裏側を見学し、電車の車内放送を体験できるプログラム。豊田の竹で楽器をつくる体験などなど。
これらのプログラムで子どもたちは、いろいろな体験をし多くのことを感じ、大きく成長してくれるのではないでしょうか。
とよたまちさとミライ塾は、市民以外の方も参加OK。今年は10月1日~11月30日までの開催。電話受付は9月3日(土)から、Web受付は9月4日(日)からです。人気のプログラムは即日定員に達することもありますので早めのお申し込みを!

豊田の素晴らしさを知り、頑張っている人たちがたくさんいることを知る。子どもだけでなく大人にとっても良い経験ができそうですね。

 

♦鞍ヶ池公園
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisetsu/sports/kouen/1007430/index.html

♦︎足助観光協会
http://asuke.info/

♦︎小原観光協会
http://www.kankou-obara.toyota.aichi.jp/

♦︎とよたまちさとミライ塾2016
http://www.toyota-miraijuku.com/

 

次回も、親子で遊べる豊田市のプレイスポットをご紹介します。
どうぞお楽しみに!

 

<取材・文>林 景子

記事一覧へ